「かわいい」の洪水に溺れて

アラサーから始めた楽しいジャニオタ新生活!

勝利さんがKis-My-Journeyをご覧になった。

現在のところ私はKis-My-Ft2玉森裕太さんの担当をしている。
キスマイは箱推し(とは言わないんだっけ?)気味だし、Twitterでは二階堂さんかわいいbotと化していて本当に玉森担なのか?という疑問を友人たちは抱き続けているとしても、一応玉森さんが担当ということになっている。
そして私がこの年齢でどっぷりジャニーズに返り咲くきっかけになったのは玉森さんであり、キスマイであることは揺らがない。
様々なオタク活動を経て、これからはキスマイに時間もお金もつぎ込む覚悟をした時に「できるだけ他のグループやJr.には触れずにいこう」というマイルールを決めた。
理由はまぁ察してほしいところだけど、そのルールにのっとり雑誌なんかもキスマイのページ以外は廃棄という徹底ぷりだった。



佐藤勝利さんに出会うまでは。



実を言うと勝利さんには割とすぐに出会い、こりゃやばいな!と思ってはいた。
分かってはいたけど、もう出会ってしまったのだから仕方ない。
Sexy Zoneの何がいいかについてはまた今度ゆっくりお話するとして、意志の弱いオタク(私)の財布の紐を簡単にゆるめたスーパー美少年☆しょりぽんがキスマイの東京ドーム公演を見に来ていたらしい。
私は勝利さんがキスマイのコンサートを見て一体何を思ったのかが、とても!とても気になる!!!

ジャニーズのコンサートという括りではあるものの、キスマイとセクゾは見ている方向がそもそも違っている。
そんなのもう説明する必要もないくらい違う。
あくまで個人の感覚の話で言えば、キスマイのコンサートは「ライブ」だし、Sexy Zoneのコンサートは「ショー」だと思う。
そしてSexy Zoneの中でも勝利さんは特に方向性が違うのではないかと思う。
最近の勝利さんのインタビューで印象的だったのが「見た目ではなく、歌やダンスを磨きたい」(ニュアンス)と言っていたこと。
ああこれはビジュアルが恵まれている人の発言だなぁと思ったし、ご本人の目指す方向が堅実で真面目でますます勝利さんの将来が明るく見えた。まぶしい。
あれ、まぶしすぎて何も見えない…っていうくらいには眩しい。
そんな勝利さんが初のメンバープロデュース公演であるKis-My-Journeyを見学に来られていた。
その感想がとっても気になる。

私は勝利さんをいつもSexy Zoneのセンターをつとめる佐藤勝利としてのロールに徹していて素晴らしいと思って見ている。
でも勝利さんにはない自由さがキスマイのコンサートというかメンバーにはあるし、それがこれからの勝利さんに何か影響するのかと考えると、あのコンサートを見て一体何を感じたのかが知りたくて知りたくて悶々としている。

コンサートとしての出来映えだけでなくて、グループとしてのあり方もきっと色々思うところがあったと思う。
それはきっと勝利さんから聞くことはないと思うけど、私は勝利さんとSexy Zoneが幸せに活動できることを祈るし、ブログでキスマイちゃんのコンサートの感想を書いておくれよ!と強く強く願っている。