「かわいい」の洪水に溺れて

アラサーから始めた楽しいジャニオタ新生活!

2015.04.03 ミュージックステーションSP

最近の二階堂さんはテレビでご活躍しすぎていて、感動を残すのが追いつかないくらいになっている。その中でも印象的だったのがMステの春の応援ソングSPだった。

有名人の春の応援ソングを発表する場面で、キスマイから二階堂さんが選ばれたことが失礼ながら意外だった。まずそこから「グッと」くるものがあった。やっと世間が二階堂さんの魅力に気づいたか・・・と思うと同時に、このままいくと世界中が二階堂さんのことを好きになってしまう!と興奮気味に語ったら、友人に冷静に「それはないよ」と言われて少し目が覚めた。
二階堂さんが選んだ応援ソングは「わ~~~~!ニカちゃんっぽい~~~~!」という1ミリの狂いもない選曲だった。紹介時にワイプに抜かれてお辞儀をする二階堂さんがよそ行きで、微笑ましかったけれど、私はその後の隣に座っている北山さんに「うるさいな」って言う笑顔の二階堂さんや、一緒になってAquaTimezを歌う二階堂さんの方が自然で好きです。かわいい。
なんといってもニカ千の「昔はセンターだった」話に弱い。ことさら弱い。二階堂さんも千賀さんも表現が素直なので、辛かったり悩んだりしたことがストレートに伝わってきて、そのたびに何とも言えない気持ちになる。
今回もたとえば「恥ずかしいんですけど」「必要とされてない」「めっちゃ辛かった」「悩んでた」みたいなキーワードがぐさっとくる。その結果としてよく泣く(笑)このMステSPも何度みても泣ける。ドライアイな私の瞳を潤わせることができる男、二階堂高嗣

 

色々と言いたいことや書きたいことがあるけど、大体は二階堂さんの話をうしろで聞いているサザンの原さんの表情と同じだから、これにて終わりにします。