「かわいい」の洪水に溺れて

アラサーから始めた楽しいジャニオタ新生活!

2015.07.04 THE MUSIC DAY

Twitterにも散々書いたけど、Hey!Say!JUMPでキーワード録画しているのに、ヒルナンデスばっかり録画してきて肝心の歌番組が拾えないのはどうしたらいいんだろう・・・。多分、自分で予約しろよっていう話。
そんなことがありつつも、漸く「ジャニーズスーパーメドレー」を見ることができた。

 

①硝子の少年(手越・滝沢・長瀬・亀梨・渋谷 ※下手→上手の並び順
イントロの入りからもう振りを間違えている長瀬智也可愛すぎ問題。キンキを歌う長瀬智也っていうのも良かった。とってもよかった。
サビの振りを見て、一番キンキがデビューした当時を思い出すのは滝沢くん。滝様の振りが、あのころバックについていたジュニアが踊っていたものに最も近かったんだと思う。
それにしても立ち方1つとっても全員個性が強くて、ツイッターで出ていた「強化硝子」という表現は上手いこと言ったな!って感じだ。
最後にゲッダンして、そっと立ち上がるまでが愛おしい長瀬智也だった。

 

②MADE IN JAPAN(櫻井・村上・小山・伊野尾・有岡・小瀧)
翔くんと小山くんはあんなに派手な衣装をまとっていても滲み出る「きちんとしている感」がすごくて、真面目そうだとかいう印象ってどこからやってくるのか疑問がわいた。
いのちゃんと一緒に映っているヒナちゃんに目を奪われすぎていた。あのガムシャラ加減は出そうと思ってでるものじゃない。一生懸命とはすごいエネルギーだね。そしてめっちゃ笑う。正直なところMADE IN JAPANはヒナちゃんしか記憶にないぐらいだった。

 

チャンカパーナ(横山・知念・大野・松岡・重岡・上田 ※下手→上手の並び順
よく考えられた配置だなぁというのが第一印象。
私が想像していたよりも、横山さんはアイドルっぽいことをやっても馴染むという発見があった。色白だからかな?(唐突)
上田くんのチャンカパーナは誰よりもぎこちなくて、見た目にしろ所属にしろタイプが真逆だもんな~と思ったけれど、髪の毛をみみかけしていたキュルルルン時代の上田くんならビジュアルは嵌るか。私の中で短髪の上田くんがスタンダードになりつつあることを知った。とても悲しい事実だった(※耳かけスタイルの上田くんのビジュアルめちゃくちゃタイプ)

 

④Venus(中間・大倉・光一・坂本・山田 ※下手→上手の並び順
光一さんが堂々とワンテンポ遅れていることはもう周知の事実だろうけど、それでもやっぱり光一さんが一番Venus似合ってると思えちゃうのは、愛情の差でしょうか。
山田くんと坂本くんの位置が逆でもよかったんじゃないかな~と思うけど、どうですか。

 

⑤BIRTH(錦戸・山口・森田・相葉・八乙女 ※下手→上手の並び順
剛くんめちゃくちゃBIRTH似合う・・・めちゃくちゃ似合う・・・。
BIRTH見たあたりから「嵐ってものすごくアイドルしているんだ」っていうことが気になりだした。すごく正統派な匂いがする。嵐ってバラエティ業やったり、俳優業やってることの方が多いのかもしれないけど、歌って踊るとすごくアイドルなんだなぁ。しかも割とスタンダード。経年やら人気やらで色がつきがちな世界で、フラットな印象がもてるって意外だったかもしれない。嵐の強さはこの辺の事情も関係していそう。知らんけど。

 

無責任ヒーロー(中丸・三宅・国分・松本・桐山・薮 ※下手→上手の並び順
太一くん「グループ内で一番無責任なメンバーが集まりました!」→1名完全に笑えない人いるけど大丈夫?っていうのが第一印象です!!!
その次は、松潤って客席に降りたりできるんだ・・・かな。
客席でイスの上にのってる時に三宅さんが右手突き上げてて、その隣で太一くんと潤くんがしっかりカメラに向かって振りをしているのを見た時は「今日も自由だな~」っていう感想だけだったけど、ステージ上ではきちんと踊る三宅さんを見たら「客降り楽しかったのかな、かわいいね、健ちゃん」ってなった。

 

⑦ええじゃないか(田口・加藤・城島・井ノ原・高木・岡本)
田口くんは喋らなければキラキラのアイドルだけど、喋らない田口くんは田口くんなのか問題がある。

ウィークエンダー(濱田・長野・二宮・安田・増田・神山 ※下手→上手の並び順
大好きなウィークエンダーを見て改めてHey!Say!JUMPが放出している「かわいい」の量って異常だし、おそらく致死量なんだなって気づいた。どちらかと言うとこういうメドレーを見た時にはお祭り感が勝って「●●くんが歌う●●が聞けるなんて~!」という喜びだったり「●●くんが●●を歌うところが見たかった~!」っていう次への期待みたいなものが沸いてくる方なんだけど、ウィークエンダーはオリジナルの良さを再認識できたという意味で、個人的には少し異色だった。
踊り慣れていない長野くんを見ていたのに、最後の緩急がプロすぎて微笑ましかった。
それからやっぱり二宮さん違和感なさすぎた~。嵐ってすげ~。

 

⑨One Love(剛・岡田・丸山・藤井・今井・中島 ※下手→上手の並び順
剛くんと岡田くんが並んでるのって多分垂涎ものなんだろうな~と、他担の幸せをお喜び申し上げた。
丸山さんはTVをよく分かっているし、笑顔の藤井くんはかわいいし、翼くん元気になってよかったし、中島ゆうとくんは腕が長かった。

 

⑩LOVE YOU ONLY
メインステージに戻ってくる総勢51人のジャニーズ勢の中で、やっぱりヒナちゃんが気になりすぎる。村上信吾おそるべし。
この豪華メドレーの締めが長瀬智也の発した「増田HAPPY BIRTHDAY!」だったのもジャニーズっていいな♡って感じで良かった。飯島班じゃ感じられなさそうな多幸感が羨ましかった。はやく派閥なんてこの世からなくなってほしい。

 

本当はこのあとのV6メドレーについても色々書きたいことあったんだけど、休みが丸々潰れてしまいそうなので終わりにします。